鳥取県の西部には、国立公園大山が有ります。
この国立公園大山と言うのは、「だいせん」と呼ばれる山で、この大山と呼ばれる場所の山麓には大山桝水高原が有ります。

この大山桝水高原は、スキー場が設けられており、そのスキー場には大山ますみず高原天空リフトが有ります。

スキーは冬樹のスポーツではありますが、このスキー場にある天空リフトは、中国地方最長と言われており、その長さは900メートルに及ぶと言います。
そのため、絶景および大パノラマの天空リフトでもあるのです。
尚、このリフトの乗ることで、秋季は紅葉、春や夏には高原の風を感じることが出来、冬にはスキーヤやスノーボードなどを楽しめると言う特徴が有ります。

秋季は紅葉の季節でもあり、大山は赤や黄色など、色とりどりの紅葉を楽しめる季節でもあるのです。
紅葉を楽しみ時なども、この天空リフトを利用すれば、山一面に広がる色とりどり絨毯と言うものを見ることも可能にしてくれるのです。

尚、この施設の中には、「桝水」の名前の由来となったと言われている湧水が在る場所もあり、観光スポットとしても人気が高い場所であもあるのです。
また、この場所は季節に関係なく絶景を楽しめることからも、冬季を初めとして、秋季、夏季、春季など四季折々の自然や日本海の風景を楽しめる絶景スポットでもあるのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。